税務調査とは申告書でで決まる!?

Posted on 3月 11, 2009 - Filed Under 税務調査とは~説明~ |

確定申告も残り後一週間をきり、税務署の駐車場には確定申告の提出にいらっしゃる方の長蛇の列が出来ています。

個人経営者の方などは、自身で確定申告をするという方が多いと思いますが、確定申告が済んでやれやれと思っていらっしゃる方には申し訳ないのですが、ここからが本番ですよ。
税務調査は8月から10月頃に集中します。
それは、税務署などの事務年度は、一般的な1月~12月、もしくは4月~3月での区切りではなく、なんと7月~6月で区切られているのです。
ですから、税務署は確定申告の受付等が済み、落ち着いた頃に年度がかわるということになるのですが、そこで、税務調査官だって、税務調査の実施調査の件数というノルマが課せられています。
ノルマをこなすために5,6月頃にも税務調査を行うのです。
ノルマの件数をこなすための税務調査ですから、比較的調査が短期間に終えることが出来るつまり、申告が正しく出来ているなと思われるような事業所に税務調査に行きがちだということです。

ということは・・・今の時期の確定申告をやっつけで仕上げていると、5,6月に税務調査が来るということは、ありえないということですよね。
むしろ、事務年度がかわり、気持ちも新たにしっかり税務調査するぞと襟を正している税務調査官が8月~10月に来る可能性が高くなってきてしまうということです。

あなたは初夏の税務調査と秋ごろの税務調査どちらがいいですか?
どちらになるか、あなたの確定申告しだいかもしれませんよ。

Comments

Comments are closed.