税務調査徹底対策

Posted on 6月 8, 2010 - Filed Under マメ知識 |

税務調査が来ることに関して、もっとも怖いのが、経理担当者が変わった途端に税務調査が来ることではないでしょうか。

特に、個人の場合、突然経理を賄っていた人間がやむを得ず交替する可能性は否めません。
経理担当者が級に変わったので、分かりません。
なんて理由で税務調査を回避することなんて不可能です。
従って、経理は少なくとも複数人がある程度把握しておく必要があるでしょう。

専門用語を理解しろと言っているのではなく、毎月の請求・支払いはどのようにおこなわれているのか、現金の管理は?銀行印は?

一人だけでそれらを賄っていると、不正経理を行っていても、誰も気付くことができませんし、万が一、経理担当者が病気になってしまった場合など、パーフェクトにこなせなくてもいいので、臨時で対応できるようにしておかなくてはいけません。

分からい人に物を依頼することは、時として、自分ですべて処理をした方が早い場合もありますが、万が一の時のためにも、数回に一度は、誰かに銀行へ行ってどのような業務を行っているのか、など経理の一連の流れを知っておいてもらうのがいいでしょう。

そして、そういった時に限って、税務調査がくる可能性があるのです。

別に税務署も狙ってやってくるわけではないでしょうが、タイミングってそういうものです。

経営者が税務調査から疲労が蓄積して、入院してしまっても、税務署員は入院している病院へ押しかけてでも修正申告の同意の判をもらおうとすると言う噂を耳にしたことがあります。

経理担当者不在でも、調査は決行されるのではないかな?
と思い、税務調査の徹底対策を行うための方法としてこの様な話しをしてみました。

Comments

Comments are closed.