9月は税務調査の時期です!

Posted on 9月 16, 2010 - Filed Under マメ知識, 税務調査とは~余談~ | Comments Off

暑い夏もようやく治まり、日々秋に近づき涼しくなってきましたね。
税務調査の入らない季節というのが7月や8月の暑い時期です。
この時期が過ぎると、もしかするとあなたの所に税務調査が入るかもしれません。
9月や10月は税務調査が行わるのが一番多い時期です。
また11月に税務調査が入っている人もいるようです。
この時期になると、役所の方のスケジュールに合わせやすい時期だと言われています。
これからの時期は、税務調査が一番入りやすい時期なのです。
また、春の4月にも税務調査の入りやすい時期です。
先日は、友人の会社にも税務調査が入ったようです。
ちょうど9月に入った所に、会社に税務調査が入ったそうですよ。
税務調査の任意調査で、現状調査だったようです。
会社の都合により、理由がきちんとしていればこの調査を待ってもらう事が可能です。
実際に突然来られると焦ってしまったと話していましたね。
このように現状調査に来られた場合には、まずは会計事務所へ連絡をして立ち会いをしてもらう事をお勧めします。
会計士さんが会社へ来られるまで、この調査を待ってもらうようにしましょう。
そして、この時に税務調査の調査官の身分証明書を見せてもらいましょう。
確認をして、会計事務所の方に税務署の名前と税務官の名前を一緒に伝えると良いです。
ちなみに、この調査を断れる条件というのが社長が不在で連絡も取れないという時のみです。
調査が来られても、慌てないように知識を付けておいた方が良いですね。

インターネットで収入を得る税務調査

Posted on 8月 2, 2010 - Filed Under マメ知識 | Comments Off

税務調査で最近特に着やすいもの一つに、インターネット関連で収入を得ている人というのがあるのではないでしょうか。
オークションやアフィリエイトなどで収入を得ている人の中には、所得の申告をしていない人もたくさんいるようで、また、申告をしている人の中にも、正しく申告していないと言うケースが多いことから、税務調査に入りやすい傾向にあるのかもしれません。
最近人気急上昇中のジャンルなだけに、税務調査を行う税務調査員も言っても分からないのでは?
と思うかもしれませんが、やはりそういったジャンルに強い税務調査官というのはいるので、おそらくはそういった人が税務調査に来ることになるでしょう。
これだけはやっておいた方がいいこと、それは、通帳を専用で作っておくこと、仕事に関するメールのやり取りなどは、専用のフォルダを作っておいた方がいいということではないでしょうか。
出来ることなら、仕事用のメールはアドレスを個人用とは別にしておいた方がいいということ。
どうしても、こういったケースで収入を得ている場合、メールでのやり取りに一般で言うところの注文や注文受け所といった内容や、収入が分かってくるので、checkは避けて通れないです。
税務調査とは言え、個人のメールのやり取りを税務調査官に見られることはあまり気分的にうれしくないですよね。
そういった個人のプライバシーを自分自身で守ると言う意味でも、仕事用と個人用とのアドレスは分けておいた方がいいでしょう。

税務調査お休みの時期です

Posted on 7月 23, 2010 - Filed Under マメ知識 | Comments Off

今の時期に税務調査が入ることってあるのでしょうか?
基本的にはないでしょうね。
何故?暑いから?
そんなことを理由に国家公務員が仕事をさぼるはずはありません。
7月というのは、税務署の人事異動がある時期で、移動のために仕事の整理を行ったり、移動先で仕事を引き継ぎをしなくてはいけないなど、雑務?に追われていて、税務調査を行っている余裕がないのです。
余裕というと、税務調査という仕事が二の次になってしまいそうですが、やはり落ち着いた環境でおこなわないと、ミスは許されないですからね。
そんなわけで、税務署は只今移動真っ只中。
お盆休み前には落ち着きを取り戻すことでしょうから、お盆休みが明ければ、本格的に税務調査の準備が再び始まり、企業に出向いての実施調査は9月ごろからになってくるのではないでしょうか。
異動後記念すべき第1社目なんて非常に気合を入れて税務調査に挑まれそうですね。
なんて、税務調査に気合などという不公平な感情は持ち込まれないでしょう。
とはいえ、国税調査に関しては、毎回気合が必要そうだなと、「マルサの女」をこよなく愛する私は、何度見ても思ってしまいます。
税務調査をドラマなどで題材にすることは良くあることですが、やはり最もリアルなのは、映画「マルサの女」だと思います。
2になると、逆に経営者がまんまと脱税してのけると言った終焉を迎えますが、実際そんなことってあるのでしょうか?
ま、映画ですから。
でも、やはり正義は勝つ出ない終わり方はなんとなくハッピーでない終わりを迎えますね。水戸黄門がロングセラー番組だったのも、毎回ハッピーに終わるからでしょうか。

税務調査徹底対策

Posted on 6月 8, 2010 - Filed Under マメ知識 | Comments Off

税務調査が来ることに関して、もっとも怖いのが、経理担当者が変わった途端に税務調査が来ることではないでしょうか。
特に、個人の場合、突然経理を賄っていた人間がやむを得ず交替する可能性は否めません。
経理担当者が級に変わったので、分かりません。
なんて理由で税務調査を回避することなんて不可能です。
従って、経理は少なくとも複数人がある程度把握しておく必要があるでしょう。
専門用語を理解しろと言っているのではなく、毎月の請求・支払いはどのようにおこなわれているのか、現金の管理は?銀行印は?
一人だけでそれらを賄っていると、不正経理を行っていても、誰も気付くことができませんし、万が一、経理担当者が病気になってしまった場合など、パーフェクトにこなせなくてもいいので、臨時で対応できるようにしておかなくてはいけません。
分からい人に物を依頼することは、時として、自分ですべて処理をした方が早い場合もありますが、万が一の時のためにも、数回に一度は、誰かに銀行へ行ってどのような業務を行っているのか、など経理の一連の流れを知っておいてもらうのがいいでしょう。
そして、そういった時に限って、税務調査がくる可能性があるのです。
別に税務署も狙ってやってくるわけではないでしょうが、タイミングってそういうものです。
経営者が税務調査から疲労が蓄積して、入院してしまっても、税務署員は入院している病院へ押しかけてでも修正申告の同意の判をもらおうとすると言う噂を耳にしたことがあります。
経理担当者不在でも、調査は決行されるのではないかな?
と思い、税務調査の徹底対策を行うための方法としてこの様な話しをしてみました。

不正常習業種

Posted on 4月 1, 2010 - Filed Under マメ知識 | Comments Off

税務調査に入りやすい企業、入りにくい企業というのはあるのだろうか?
一度税務調査を受けた人ならそのような疑問を持つようになるのではないでしょうか?
個人事業主であれば、「うちはもう10年近く税務調査がない」なんておっしゃる方もいらっしゃいます。
そういった方は、信頼のある申告・納税と、顧問税理士の方の対応がしっかりしているのでしょう。
税務調査とは、税理士による巡回監査が行われ、正しい税務処理を行い、また指導されているというお墨付きとして書面添付がされていることにより、税務署は、事業主にではなく、税理士とまず初めにやり取りを行うことになるのですが、この税理士とのやり取りで調査が終了していることもあるそうなのです。
また、税務調査に入る場合も、まず初めに税理士と連絡のやり取りを行うことになるので、事業主としてもワンクッションある分精神的にも助かります。
逆に、定期的に税務調査が入る企業というのは、当然、以前税務調査でクロだったところです。
他には、不正常習業種の企業です。
要するに業種全体が不正な税務処理を行いやすいところというのがあるのです。
代表的な業種としては、パチンコ業界などがあります。
この業種全体が税務署から目をつけられていると言っていいみたいです。
ですから、非常に近スタンスに税務調査が行われているようですよ。
映画「マルサの女」の中でも、冒頭でパチンコ業者が脱税を働いていますよね。
連日のように非常に高額な現金が動く業種なだけに、税務署から目をつけられやすいとわかっていても、なぜか減らない脱税率。
非常に謎です。

税務調査とパソコン

Posted on 11月 9, 2009 - Filed Under マメ知識 | Comments Off

最近か帳簿の管理等をパソコンのソフトを使ってされているところは多いと思います。
そのような場合、税務調査が入ったとき、税務署員にパソコンそのものを見せるのと、印刷して出すのとでは、どちらがよい方法か・・。
これはどちらがよいと一概に言えませんが、面倒でも、印刷をして出したものを税務署員に見せたほうがよいという意見が圧倒的に多いようです。
パソコン自体を見てもらうということは、相手に必要以上の情報を見せてしまうことになります。
また、最悪の場合パソコンごと提出を要求される可能性も・・・・。
これは非常に困る!
必要以上の情報を税務調査官に提供する必要はありません。
したがって、プリントアウトが面倒だと思っても、後々の面倒さを考えれば、印刷しておくことをお勧めします。
どうせ印刷するのであれば、当日に税務調査官の前で操作すればいいんじゃない?
なんて考えている方、甘いです。
それでは税務調査官にちょっと失礼とパソコンの中身を見せる絶好のチャンスを与えてしまうことにつながりかねません。
あくまでも事前にファイリングするなどの下準備をしておくことをお勧めしますね。
税務調査が入った場合、税務署の人間は、少しでも多くの税金を徴収していこうと考えています。
向こうはそれが仕事であり、成績につながるのですから。
これをどう阻止するかの腕の良しあしで税理士の力量が試されるほど。
ですから、顧問税理士がいてもいなくても、税務署の人間の成績を伸ばすことにこちらからわざわざ仕向けないためにも、帳簿の事前準備はぬかりなく行っておきましょうね。
できることなら、常日頃からプリントアウトとファイリングを心がけていれば、あわてる必要もなくてよいでしょう。

タレコミ情報

Posted on 10月 9, 2009 - Filed Under マメ知識 | Comments Off

税務署が調査に入るところを決める判断材料にはどのようなものがあるのでしょうか。
一つは、前回の調査で修正申告をしているところ。
ここは、3年後に必ず税務調査が入るといわれています。
次に、事業を立ち上げて3年目程度の企業。
そして・・・・俗に言う「タレコミ」です。
しかし、この「タレコミ」も最近はあまりあてにできなくなってきている確率が高くなってきているようです。
というのは、最近は、他人に無関心になってきているのに対して、ねたみ、そねみから嘘の情報をタレコミしてくる可能性があるのです。
「自分のところの経営はうまくいっていないのに、近所のあそこのお店は繁盛しているようだ・・・きっと脱税しているのに違いない」という自分勝手な思い込みから税務署に対して「〇〇は脱税をしている、税務調査に行ったほうがいい」などというタレコミをするといったことが起きているようなのです。
ほかに、ねたみ、そねみと似ているかもしれませんが、同業者に対しての嫌がらせの一つとしてタレコミをすることもあるようです。
このようなことから、税務署に入ってくる「タレコミ」の情報が信用できなくなってきており、タレコミがあったからと言って、すぐに税務調査につながらなくなってきているようです。
逆に、内部告発も多いのではないでしょうか。
上の人間が、不正な税務処理を行っているのを目の当たりにすると、そのことを知った時から、自分が共犯者になった気になり、良心の呵責に耐えかねて、匿名で「タレコミ」をしてくることも。
この場合は、情報に信頼性がありますよね。
ただ、タレコミをしてきた人がこれらのどれに該当するかを見極めるのは税務署の人間です。
税務調査に入る前、税務署は税務調査に入るところを選ぶのに入念な下調べをしているのです。