税務調査をバネに・・・

Posted on 8月 10, 2009 - Filed Under 世の中の出来事 | Comments Off

私事ですが、ついにパソコンが壊れてしまいました。
どんなにあがいたところで、どうにもならないようなので、とりあえず近くの家電量販店で、広告の品と言うものを購入してまいりました。
久々のパソコンのセットアップに四苦八苦です。
お買い得と言うことで購入したパソコン。特にメーカーを気にすることなく(前回使用していたメーカーだけは除いて)購入したので、パソコンを開くまで気にもしなかったのですが、ふと見ると「TOSHIBA」の文字が。
それでふと思い出したのが、先日の税務調査です。
東芝と医療機器製造の連結粉が社が東京・関東信越両国税局の税務調査を受け、2008年3月期におよそ11億円の所得隠しを指摘されていたことが分かったのです。
部品の在庫を廃棄処分として損失を過大計上していたと税務調査でみなされたのです。
このことに対して税務調査の結果、重加算税を含めた追徴課税4億5,000万円が課せられることになったのです。
この不景気、4億5,000万円をひねり出すことは、容易なことではありません。
それでも、バブル崩壊時に100億の借金を完済した女性社長がいるほどですから、東芝さんほどの企業をもってすれば今回の税務調査を教訓に、これからはより厳重なチェックの元、税務処理を行い、3年後の税務調査は完璧に「シロ」で終わることが出来るでしょう。
日本は戦争から、バブル崩壊から立ち直ってきている強い国民性を持っています。
税務調査の結果をばねに、より良い会社を築いていってほしいものです。

不況だからこそ正しい申告を

Posted on 2月 8, 2009 - Filed Under 世の中の出来事, 税務調査とは~余談~ | Comments Off

不況がまだまだ続いていますが、皆さんの会社は大丈夫でしょうか。
先月は、税務調査や査察が入って重加算税が課せられたなんていう「いまどきそんな羽振りのいい会社いるの?」と耳を疑いたくなるような話題が数件ニュースをにぎわせていましたね。
でも、その査察が入ったとかいう話事態は、今現在のことではなくて、半年とかもっと前のことであって、修正申告し、重加算税などを納付してから話題になることですから、ほんの数ヶ月前までの景気のいいときの日本の経済状態時の日本の話ですよね。
一寸先は闇っていう言葉もありますが、税務調査時に調査官と見解の相違からくるグレーな部分はある意味仕方が無いことではありますが、確信犯的、要は脱税を故意に働いている企業は、不自然な税務処理をしているわけで、いつかは税務調査でばれることですよね。
その時、会社の景気が良ければいいのですが、今のように鍋底不況のようなときに脱税が発覚し、重加算税などを課せられた場合、その納付する能力があるでしょうか?
先月ニュースで発覚した事件では、数億円納付していますよね。
偽りはいつか見つけられてしまうものです。
ましてや税務調査間は日本中から税のエリートが集まっているところなんですから、脱税なんてしていたらすぐ裏を取られてしまうでしょうね。
そんなことでムダに追徴課税されるくらいなら、最初から正しく申告している方が、良くないですか?
日ごろから正しい税務処理を行っていれば、税務調査も数年に一度のちょっと緊張する程度のイベントとなることでしょう。

税務官のような人急募!!

Posted on 12月 10, 2008 - Filed Under 世の中の出来事 | Comments Off

またまた税務調査から話がそれるのですが、前回年金特別便が来ないと叫んでおりましたが、実はこれ、社会保険庁のミスではなくて、旦那の会社の総務のミスであることが発覚したのです!
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
旦那の扶養家族から外れたくない私は、パートタイマーとして9時~13時の間のみ働いているのですが、旦那の転勤に伴い、一度引っ越しいしています。
その時、私の住所が引っ越し前から変更されておらず、現在の住所へ年金特別便は届くこともなくおそらくは社会保険庁へ送り返されているのでしょう。
10月末に心配して問い合わせてみると、11月中旬までに郵送されなかったら改めて連絡してほしいと言われ、素直に聞き入れて11月後半にもう一度問い合わせ、基礎年金番号を言うとものの10秒で結論が判明しましたよ。
住所が以前のままだって。
前回電話問い合わせの際には職員の方も忙しかったのかもしれませんが、その時点で住所変更の手続きをおこなっていれば、年金特別便を再発送してもらえていただろうに、この時期では、どうやら私の手元には年金特別便に相当する書類が、2月中旬に届くことになりそうです。
何ともねー。。
確かに旦那の会社の総務担当も仕事が怠慢だったのですが、(母に愚痴ると、「さすが〇〇会社は名前ばかり目立ってて、給料が安いだけのことはあるね」なんて皮肉たっぷり。確かに名前が知れている割には、超安月給なんだけどね。)
10月に問い合わせている時点で社会保険庁の電話担当の方が、年金番号や住所を聞いていてくれたらと思うと、少しいらっとします。
まあ、話し方は感じ悪くなかったので、良しとしましょう。
同じ公務員でも、税務調査に来るような税務署の方は、仕事がら一言一句聞き洩らさないように神経をとがらせているのに対して、このお粗末さは・・・。
ありとあらゆるお役所に税務調査のように仕事に対する調査が入ったとすると、間違いなく修正申告だらけではないでしょうか。

最近の情勢

Posted on 11月 13, 2008 - Filed Under 世の中の出来事 | Comments Off

今回は税務調査からちょっと話題がそれて、最近の情勢について。
アメリカで初の黒人大統領が誕生しました。
日本はアメリカが日本に対して思っている以上にアメリカに対して興味がありますよね。
福井県では、当時選挙のまっただ中のオバマ氏と同盟だと小浜市が市を挙げて応援していました。
個のこと自体が日本がいかにアメリカに対して注目しているかがうかがい知れますよね。
だって、もしもアメリカに『アソウ州』があっても、州知事までもが応援してくれるだろうか。
これからオバマ氏にアメリカの不安定な経済状況を期待する人は多いでしょう。
アメリカの人々の期待を一身に背負うことになるオバマ氏。
その重圧に耐えて是非とも頑張っていってほしいものです。
そして、来日の際には是非とも、のっちと直接対談してほしいものです。
アメリカの話はさておき、日本では、定額給付金を支払うことで今国会や社会がもめていますよね。
お金をもらって嫌という人は、私のような一般市民の考えからすると、まずいないと思うのですが、先の法案では、高額所得者は辞退するようにとも言われていましたね。
そのような法案がもし通っていたとして、辞退する人は、その高額所得者のうち、どのくらいいたでしょうね。
今の段階では、給付金を給付する基準として、市区町村にその判断基準を丸投げしているようですが、それも市区町村からクレームが来ているようです。
判断基準をするのが市区町村なら、それによってしなければならない仕事をするのも市区町村では、コストの面や仕事量を考えると、所得のレベルに関係なく全員に給付する考えも出てくることでしょう。
管轄が全く違いますが、私にはまだ年金特別便が届いていません。
いつぞやまでは、10月末までに全員へ送付するなんて言ってたのに、なんともルーズなお話です。
そんなルーズなお役所系に税務調査が入ったとしたら・・・。
おっそろしいことになりそうですね。

常日頃から正しい税務処理を

Posted on 10月 14, 2008 - Filed Under 世の中の出来事 | Comments Off

世の中の法人や個人経営のお店などは税務調査まっ盛りと言ったところではないでしょうか。
やっと終わってほっと気を抜いていたら、風邪をひいてしまいますよ。
今年の風邪はストーカーのようにしつこいですから、要注意です。
そういう私も現在しつこい風邪にフラフラです。
頭がぼーっとしてくると、単純な入力ミスを幾度となくしてしまい、何度もやり直しをしなくてはいけなくて面倒です。
それでも、来月有給休暇をガツンと取得する予定でいるので、休めない悲しさ・・・。
さて、愚痴はこの程度にしておいて、世の中はアメリカのドル安や株価暴落で、かつてのブラックマンデーを彷彿とさせるような騒ぎになっています。
そして、そのあおりは日本にも直撃しています。
やはり日本はアメリカといかにつながりが深いかが分かりますね。
14日の日経平均株価の午前の終値1万円を切ると言った大波乱。
経済はどうなってしまうのでしょうか。
円相場は1ドル102円台にまできています。
かつてのお気楽学生の頃であれば、「やったー!海外旅行へ安くいくチャンスだ!」
と喜んでいたのですが、今はそうは言っていられません。
外国と多く取引をしている会社の取引先が心配です。
営業補佐をしている別の部署の友人に聞くと、「やっぱり、あおりを受け始めているみたい」
と言っています。
そういった会社がピンチになってきた時でも、税務調査はやってきます。
それが税務署のひとが来ることを断る理由にはなりませんから。
そんな時が来るかもしれない!と常日頃から、正しい税務処理をしておくことが大切になってくるのでしょうね。
実際、今円高ドル安で経営が苦しくなるかもしれないのに、税務署が入っているという会社はこの日本中のどこかにいるでしょうからね。