9月は税務調査の時期です!

Posted on 9月 16, 2010 - Filed Under マメ知識, 税務調査とは~余談~ | Comments Off

暑い夏もようやく治まり、日々秋に近づき涼しくなってきましたね。
税務調査の入らない季節というのが7月や8月の暑い時期です。
この時期が過ぎると、もしかするとあなたの所に税務調査が入るかもしれません。
9月や10月は税務調査が行わるのが一番多い時期です。
また11月に税務調査が入っている人もいるようです。
この時期になると、役所の方のスケジュールに合わせやすい時期だと言われています。
これからの時期は、税務調査が一番入りやすい時期なのです。
また、春の4月にも税務調査の入りやすい時期です。
先日は、友人の会社にも税務調査が入ったようです。
ちょうど9月に入った所に、会社に税務調査が入ったそうですよ。
税務調査の任意調査で、現状調査だったようです。
会社の都合により、理由がきちんとしていればこの調査を待ってもらう事が可能です。
実際に突然来られると焦ってしまったと話していましたね。
このように現状調査に来られた場合には、まずは会計事務所へ連絡をして立ち会いをしてもらう事をお勧めします。
会計士さんが会社へ来られるまで、この調査を待ってもらうようにしましょう。
そして、この時に税務調査の調査官の身分証明書を見せてもらいましょう。
確認をして、会計事務所の方に税務署の名前と税務官の名前を一緒に伝えると良いです。
ちなみに、この調査を断れる条件というのが社長が不在で連絡も取れないという時のみです。
調査が来られても、慌てないように知識を付けておいた方が良いですね。

今の時期の税務調査

Posted on 5月 12, 2010 - Filed Under 税務調査とは~余談~ | Comments Off

今の時期に入ってくる税務調査は、比較的安心してうけることのできるものだという通説があります。
というのも、税務署は7月が異動の時期になってくるので、6月中に税務調査等の仕上げをしておく必要があるので、比較的優良な企業の税務調査を行っていく傾向にあると言われているからです。
そうは言っても、いざ税務調査に入ってみたところ、結構ぼろがあったとなれば、引き継ぎをしてでもしっかりと調べてきますので、油断は禁物。
売り上げを正確に申告していないといった指摘をされるくらいなら、経費の否認のほうが税務署がうける印象は変わってくるそうです。
脱税を行いそうな企業かどうかってことでしょうね。
せっかく優良企業としてこの時期の税務調査対象企業に選ばれているのだから、その期待にこたえるような申告・納税を行っていないと、税務署が棚から牡丹餅が落ちてきたと嬉しい誤算に喜ぶだけですよ。
そう、税務署だって一般企業の営業と同じで、成績を求められているのです。
税務調査を実際に行った件数や、その時に修正申告&納税させた金額など、多くの税金を絞りとってくるようにと、上司からきつく指導されているわけです。
従って、多額の修正申告をさせ、ガッツリと成績を伸ばせそうな企業には、時間に余裕のある(移動にあまり左右されない)時期に、移動が目前に迫っている今の時期は、納税させる税額よりも、実際に税務調査に入った件数を少しでも伸ばそうとしているので、修正申告もほとんどなく時間も短期間で終わらせることが出来そうな企業に調査が入っているということが分かってくるのです。
今の時期の税務調査の場合は税務署の期待を裏切ってはいけませんよ。

税務調査と青色申告

Posted on 3月 9, 2010 - Filed Under 税務調査とは~余談~ | Comments Off

税務調査とは、日本の納税システムが自己申告であるために必要となってくるものです。
そう、今の時期その自己申告である確定申告の季節です。
正しい確定申告を行えば、税務調査が入っても、それほど怖いとは思わないもの。
と言っても、正しく申告・納税を行っていても税務調査が入る時は誰もが怖いものですが、期限ぎりぎりになってから必要書類を作成し始めていても、正しく申告できなければ、後々税務調査の時などに指摘されかねませんし、やはり早めに提出書類作成に取り掛かるのが好ましいですね。
そんな確定申告と税務調査の関係ですが、都市伝説と言うと大げさですが、噂話があるので、紹介しておくと
「白色申告には税務調査が入らない」というのは、全くのデマです。
逆に青色申告以上に記帳など税務処理がしっかりされていないケースが考えられるので、税務調査の対象になりやすいとも言えるでしょう。
青色申告のほうが、必要とされるものが多いために、税務署からのチェックが多いかもしれませんが、それだけに、信憑性も高くなってくるのです。
逆に白色申告では、事業所得が300万円以下である場合、帳簿の義務が必要ないなど、帳簿に関しても青色申告に対して簡単なイメージがあります。
しかし、帳簿の書き方を無料で指導してもらえる、特別控除が受けられるなど、青色申告にはメリットが盛りだくさんです。
複式簿記は確かに難しいですが、税務処理をしていく上で、複式簿記のほうがより正確に処理が出来るからであり、税務署としても青色申告することを推奨しています。
経理に多少時間がかかってもいいというのであれば、青色申告にして、税務調査をスムーズに受けられるようにしてみてはどうでしょうか。

税務調査官

Posted on 2月 1, 2010 - Filed Under 税務調査とは~余談~ | Comments Off

税務調査といえば、やはり映画「マルサの女」のイメージを持つ方が多いです。
あれは、税務調査の中でも査察で、一般の人とは非常に縁遠いところにいる方々。
強制調査が入るものですから、脱税を行わない一般納税企業には無縁の役所です。
しかし、あの映画の中でも取り上げられているように、男性の多いイメージのある税務調査では、調査しづらい部分はありますよね。
それは女性に関する調査。
税務調査の中でも、査察が行うような強制での調査では、どこに何を隠しているか分からない。
ハンコ一つも逃すことなく探す必要があります。
もしも、女性が隠し持っていたら・・・。
それがわかっていても、男性では指摘しづらいですよね。
したがって、女性の職員が着替えに同行したりする。
映画「マルサの女」では、非常に衝撃的な映像が流れましたが、男性職員ではなかなかやりづらいところがあるという点をうまく付いていましたよね。
あの映画の放映からずいぶんと月日が経過しましたが、今の時代、女性だらけの職場は多いですよね。
エステサロンやネイルサロンもその中の一つ。
そんな時、男性だけ税務調査に行っていたとするとどうでしょうか。
やはり女性の職員も必要になってきますよね。
そういった理由からではないでしょうが、最近は、税務調査官になる女性が非常に増えてきています。
女性だらけの職場が増えてきている今、女性の税務調査官は、非常に貴重な存在にますますなっていくでしょうね。

世の中の年度末と税務署の事務年度末

Posted on 4月 7, 2009 - Filed Under 税務調査とは~余談~ | Comments Off

世の中は新年度が始まり、気持ちも新たにしている頃でしょうが、税務署の方は事務年度が7月1日~翌年6月30日までということで、これから年度末に向かっていくところです。
要するに、これから税務署員の方々は、実績の帳尻を合わせるために、税務調査の実施調査の実績が少ない場合は税務調査にと言った感じでカウント数をコンスタンスに伸ばしていくのです。
実績数をコンスタンスに伸ばすためには、税務調査は簡単に終わりそうな的確な申告をしてきていそうな企業を回るようになってきます。
まだ4月になったばかりですから、税務署の事務年度末まではあと3ヶ月近くあることから、まだそれほど税務調査の実施調査の実績数を伸ばすことを念頭に調査していくということはないでしょうけれど、税務調査を受ける側としては、どうせ税務調査が来るのであれば、もうあと1ヶ月程遅く来てくれれば、精神的に楽に慣れるでしょうね。
税務調査にまだあったことのない新入社員の方にとっては、初めて自分が勤める会社に税務調査が入るとなったとき、上司や会社全体があわてていて「もしかして、私が入社した会社って脱税してるの?」と驚くかもしれませんが、税務調査は常日頃から正しく申告・納税していても、会社側と税務署側との見解の違いによって修正申告を迫られるようなグレーゾーンとはあります。
この橋渡しをしてくれるのが顧問税理士さんの存在でありますが、どんなに完璧な税務処理を行っているとしても、税務署は手ぶらで変えることはまずないと考えてください。その手土産をいかに少なく済ませるかのために、社内の人たちは、税務調査当日に向けて準備に紛争しているというわけなのです。
新入社員の方に税務調査で質問が及ぶことはまずありませんから、税務調査当日の雰囲気と流れを知っておけば、今後役に立つでしょう。

不況だからこそ正しい申告を

Posted on 2月 8, 2009 - Filed Under 世の中の出来事, 税務調査とは~余談~ | Comments Off

不況がまだまだ続いていますが、皆さんの会社は大丈夫でしょうか。
先月は、税務調査や査察が入って重加算税が課せられたなんていう「いまどきそんな羽振りのいい会社いるの?」と耳を疑いたくなるような話題が数件ニュースをにぎわせていましたね。
でも、その査察が入ったとかいう話事態は、今現在のことではなくて、半年とかもっと前のことであって、修正申告し、重加算税などを納付してから話題になることですから、ほんの数ヶ月前までの景気のいいときの日本の経済状態時の日本の話ですよね。
一寸先は闇っていう言葉もありますが、税務調査時に調査官と見解の相違からくるグレーな部分はある意味仕方が無いことではありますが、確信犯的、要は脱税を故意に働いている企業は、不自然な税務処理をしているわけで、いつかは税務調査でばれることですよね。
その時、会社の景気が良ければいいのですが、今のように鍋底不況のようなときに脱税が発覚し、重加算税などを課せられた場合、その納付する能力があるでしょうか?
先月ニュースで発覚した事件では、数億円納付していますよね。
偽りはいつか見つけられてしまうものです。
ましてや税務調査間は日本中から税のエリートが集まっているところなんですから、脱税なんてしていたらすぐ裏を取られてしまうでしょうね。
そんなことでムダに追徴課税されるくらいなら、最初から正しく申告している方が、良くないですか?
日ごろから正しい税務処理を行っていれば、税務調査も数年に一度のちょっと緊張する程度のイベントとなることでしょう。

~雑談~

Posted on 9月 12, 2008 - Filed Under 税務調査とは~余談~ | Comments Off

最近職にまつわる偽装事件が多いですよね。
産地の偽装はまだかわいいもの。
『事故米』に至っては、人体の健康に影響がありそうで怖いです。
しかも事故米と知らずに流通していた酒造会社はついに大手メーカーにまで影響してきています。
いくら会社の資金繰りが芳しくないとしても、自身の保身のために、他人の健康に外を及ぼすようなことをするのは、立派な犯罪ではないでしょうか。
おそらく事故米と知っている業者の幹部はこれを口にしてはいないでしょう。
考えただけでも腹が立ってきます。
そんなところに知恵を回す暇があったら、節税の方に知恵をまわしていた方がよっぽど確実だったのではないでしょうか。