税務調査と税理士

Posted on 1月 12, 2010 - Filed Under 税務調査ニュース | Comments Off

もうすぐ確定申告の季節がやってきますが、税務調査と確定申告とは切っても切り離せない関係にありますよね。
確定申告を正しく行っていれば、税務調査が入っても、それほど脅威に感じなくてもいいでしょうし、おざなりな処理を行っていれば、税務調査が入ることに対して恐怖を感じることでしょう。
まあ、初めての税務調査であれば、誰もが「一体何を調べられるのだろうか」「何か不備があったのだろうか」と不安な気持ちになるものです。
何年経理を担当していて、税務調査に立ち会っていたような人であっても、神経がピリピリするものだし、新しく事業を立ち上げた会社で経理を担当することになった人も、それまでのキャリアに関係なく、新しい事業所での初の税務調査というのは緊張するものですからね。
初めての時は、勉強させてもらうという感覚で税務調査に挑む方がいいかもしれませんね。
そして、追徴課税に関しては、授業料と思ったほうがいいかもしれません。
しかし、何年も同じ企業で経理を担当していたのに、追徴課税を思ったほか課せられる場合には、大いに反省する必要がありそうです。
これまでは大丈夫だったのに、今回はどうしてこれほどまでの追徴課税を課せられたのか、反省する必要が大いにあるでしょう。
しかし、これまでは税務調査で許されてきたことが、許されなくなり、修正申告を課せられるといったこともあります。
年末にニュースになった大手自動車メーカーの修正申告のことです。
この企業も納得がいかなかったようですね。
これは、どの企業でも起こりうることです。
納得がいかない場合、どのように対処するのがもっとも賢い選択なのか、判断することは難しいです。
そのためにも、信頼のできる税理士に顧問になってもらうことをお勧めします。

税務調査ニュース・その後

Posted on 9月 1, 2009 - Filed Under 税務調査ニュース | Comments Off

税務調査の結果、法人税約3億4500万円の脱税をしていたと指摘されていた、芸能プロダクションアバンギャルドの社長が東京地検特捜部から法人税法違反の容疑で逮捕されました。
税務調査が入る前後に芸能プロダクションはその社名を変更し、イメージが大切な芸能人への影響を少なくしようとしていたのですが、芸能プロダクション名を変えても、小倉優子が所属する・・・・など、芸能人の名前が名指しで出てしまっているので、その影響が出ることは必至ですね。
また、税務調査が入った結果、税務署から指摘を受けていた時点ではまだいいのですが、逮捕となると、更にその影響力は大きいでしょう。
特に、知的イメージが強い、眞鍋かをりさんなどは、オファーが減ってしまう可能性もあります。
特にコメンテイターとしての仕事は、しばらくの間来ないかも知れないですね。
アバンギャルドは、設立からまだ日が浅いのですが、人気タレントを何人も抱えていたりと、その収入は大きいです。
設立からわずか数年で年商数億円となると、所得を隠したくなるのでしょうか。
いえ、それは国民としての義務に反すること、モラルが云々ではなくて、義務違反です。
納税額が多いということは、「それだけうちは儲けさせてもらっているのだ」と喜ぶべきことではないでしょうか。
確かに、所得が増えれば、それだけ納めなくてはならない税額も増えてきます。
そのために税理士が節税のノウハウなどの知識を日夜勉強し、習得しているわけです。
出来る限りの節税を行った上で、所得税の税額が大きくなるのであれば、それは、両手を上げて喜ぶべきことです。

税務調査で美容室の脱税発覚・告発

Posted on 7月 8, 2009 - Filed Under 税務調査ニュース | Comments Off

昨日神奈川県を中心に美容院を展開している2社が法人税約1億円を脱税していたとして、東京国税局が神奈川県相模原市にある「エスアイシー」と実質的経営者である成田元社長を法人税法違反の容疑で横浜地検に告発していたことが分かりました。
今回の告発に関する税務調査は、おそらく強制調査ではないでしょうか。
成田元社長は役員に支払った報酬の一部を再び会社に戻させるなどして、過去3年間で約億8000万円の所得隠しをし、約1億円の脱税を行っていた疑いがあるのだとか。
過去3年間までさかのぼっての調査ということは、前回の税務調査では行っていなかった手段の脱税を行っていたと言うことでしょうか。
税務調査によって不正が発覚すると、更正処分が税務署から下るのですが、税法には時効があり、ケースにより、3年、5年、7年と分けられています。
通常であれば、3年、悪質な場合は7年です。
今回は税務調査から告発に至っていることから考えても、時効は7年でしょうが、税務調査で過去3年間の所得について脱税の疑いがあるとしているので、純粋に3年前から所得隠しを行っていたとおもわれます。
税務調査の結果告発を受けてたこの企業は「担当者がいないので詳細は分からない」とお約束のコメントをいています。
もしもこれが元社長独断の判断によってなされていたものであれば、確かに当事者がいないと分からないでしょうが、複数の役員が一度受け取っているお金を社に戻すようにと元社長から指示があるのであれば、少なからず分かっていたことでしょうからね。
だれも彼女の行いを忠告する人はいなかったのでしょうか。

宇宙心理学会に税務調査が入る

Posted on 6月 10, 2009 - Filed Under 税務調査ニュース | Comments Off

9日、税務調査にあまり興味のないような方も注目したであろう税務調査と所得隠しのニュース。
これは、宗教法人である宇宙心理学会が関東信越国税局の税務調査で約14億円の所得隠しを指摘されていたものなのですが、その内容は、ホテルの休憩料などの収入の一部を非課税扱いのお布施と偽ったとしたものだそう。
宗教と税金との関係は、税務上の優遇制度があり、その気になれば悪用出来ないことはないでしょう。
お布施と偽ろうと思えば、どこまでも出来るだろうし、実際お布施の場合もある。
税務調査でも見極めるのは難しいところでしょうが、今回の場合、ホテルの利用料の一部をお布施と称するのはいかがなものでしょう。
恋人たちはお布施を払うためにあえてそのホテルを利用しているとは思えないのではないでしょうか。
特に今回の場合、このホテル一般のホテルやビジネスホテルではなく、ラブホテルというこ点でかなり問題があるのでは?
たとえ入り口に観音像が建ててあったとしも、宗教に関心が少なくなりつつある若い人たちに、利用料金の一部がお布施となっていること、気付きもしないでしょう。
むしろ、それに気付いたなら、お布施として支払うお金を返してほしいというのではないでしょうか。
私の周りではそのような意見が聞かれました。
今回の私の「税務調査とは」についてはいろいろな意見があると思われます。
決してこの宗教に対して悪意をもっているわけでもありません。
が、個人的な意見を述べさせていただきました。

ファンクラブ会社に入った税務調査

Posted on 5月 12, 2009 - Filed Under 税務調査ニュース | Comments Off

大御所歌手の舟木一夫さんのファンクラブ会社を東京国税局が税務調査した結果、3年間で約5000万円の脱税をしていたとしてこのファンクラブと藤谷和子社長を法人税法違反罪で東京地検に告発していたことが、12日に分かりました。
私も先ほど知ったばかりで驚いているのですが、全国のファンから寄せられたカンパ金など約1億6000万円を社長名義の個人口座で管理して、ファンクラブ会社の決算から除外し、法人税約5000万円を脱税した疑いがもたれているのだ。
ファンクラブ会社社長は、カンパは預かり金なので、売り上げではないという意見を主張しているのだが、税務調査を行った国税局は、このカンパを収益と指摘し、このカンパの所得隠しは5年間では約2億円に及ぶとしている。
税務調査によって国税局の指摘がされ、舟木一夫さんのファンクラブ会社はすでに修正申告も済ませているようです。
カンパのお金は純粋なファンから、将来コンサート会場に空席が目立ってきたとき、舟木さんが悲しまないようにと全国約3000人の会員から寄せられたもので、ファンクラブ会社社長の個人名義の口座で管理されてはいたものの、指摘流用がなかったことからも、当たり前でしょうが、この会社社長も舟木一夫さんのことを思ってプールしていたのでしょう。
しかし、法に背いた金を取っておいても舟木さんは喜びはしないでしょう。
今回税務調査が入ったことで、早期に脱税が見つかってよかったと思って、修正申告で残った純粋なカンパのお金を将来のために残していってもらいたいですね。